コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラジロモミ

百科事典マイペディアの解説

ウラジロモミ

モミ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウラジロモミ
うらじろもみ / 裏白樅
[学]Abies homolepis Sieb. et Zucc.

マツ科の常緑針葉高木で日本特産種。別名ダケモミ、ニッコウモミ。大きいものは高さ40メートル、直径2メートルに達する。樹皮は灰褐色で老樹では鱗片(りんぺん)状にはげる。葉は線形で円頭または凹頭で長さ1.5~2.0センチメートル、幅2~3ミリメートルで表面は緑色、裏面には幅の広い2条の白色気孔線がある。雌雄同株で、5~6月に開花する。球果は長楕円(ちょうだえん)状円柱形で長さ6~13センチメートル、直径3~4センチメートルあり無柄で、初め暗紫色で、10月ごろ熟すとやや黄褐色を帯びる。小枝に毛のないことや、葉の裏が著しく白いこと、球果の色の相違、包鱗が種鱗より短く外に飛び出さないことなどにより類似種モミと区別できる。本州の福島県南部から紀伊半島、四国の冷温帯に分布する。材は建築、包装、パルプなどに利用する。和名はモミに似て葉の裏が著しく白いからつけられた。[林 弥栄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のウラジロモミの言及

【モミ(樅)】より

…また庭園樹としても植えられるが,大気汚染に弱い。福島・栃木県境以南の本州中部,紀伊半島中部,四国脊梁山脈にはウラジロモミA.homolepis Sieb.et Zucc.(イラスト)が分布し,高度的には下のモミ,上のシラベ,オオシラビソの間の山地帯を占めるモミ属樹種となっている。1年生枝は無毛で,針葉基部が沿下し浅い縦溝ができる。…

※「ウラジロモミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウラジロモミの関連キーワードオオシラビソ(大白檜曾)モミ(樅)カブトゴケ瓶ヶ森日光樅弥栄球果岳樅森林

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウラジロモミの関連情報