ウラジロヨウラク

百科事典マイペディアの解説

ウラジロヨウラク

ツツジ科の落葉低木。北海道南部〜四国の山地にはえる。高さ1〜2m,よく分枝する。葉は互生し,倒卵形で縁に毛があり,下面はやや白色を帯びる。6〜7月,枝の先に数花を下向きにつける。花冠は筒状鐘形で長さ11〜14mm,淡紅紫色。萼片は5個で長短不定。近縁ツリガネツツジは本種に似ているが,萼片は小型で同長。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウラジロヨウラク
うらじろようらく / 裏白瓔珞
[学]Menziesia multiflora Maxim.

ツツジ科の落葉低木。葉は倒卵形で裏面は粉白色。5~6月に帯紫紅色の花が開く。花冠は短筒状鐘形で先が5裂し、花柄は細長くて腺毛(せんもう)が多い。北海道南西部から本州中部地方の山地に分布。萼片(がくへん)の短いものをツリガネツツジという。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のウラジロヨウラクの言及

【ツリガネツツジ】より

… ヨウラクツツジ属Menziesiaにはツリガネツツジのほか,北アメリカと東北アジア(日本が分布の中心)に約10種が知られ,いずれも低木で花が美しいため,ロックガーデンや庭園の花木とされるものが多い。ウラジロヨウラクM.multiflora Maxim.は本州の中部以北,北海道南部の山地に生え,花序には短いが明らかな中軸があり,花は紅紫色をおびる。この変種ムラサキツリガネツツジは箱根の山地にあり,花がやや大きく濃紅紫色で,しばしば栽培される。…

※「ウラジロヨウラク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android