コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラジーミル2世(モノマフ) ウラジーミルにせいモノマフ Vladimir II Monomakh

1件 の用語解説(ウラジーミル2世(モノマフ)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウラジーミル2世(モノマフ)
ウラジーミルにせいモノマフ
Vladimir II Monomakh

[生]1053
[没]1125.5.19. キエフ近郊
ロシアキエフ大公 (在位 1113~25) 。ヤロスラフ1世 (賢公) の孫。フセボロドの子。母がビザンチン皇帝コンスタンチヌス9世モノマコスの皇女であったところから,この名がある。 1113年キエフで下層の住民が暴動を起した際,ベーチェ (民会) の懇請によって公位につき,反乱を鎮圧するとともに,暴動の原因が高利貸の誅求にあったので借金の利率を下げて住民の経済状態の改善をはかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウラジーミル2世(モノマフ)の関連キーワード階乗数値積分スターリングの補間公式エヌ没・歿勃・歿・没三角数Diaz de la Peña,N.《中国社会史――遼(907-1125)》

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone