コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルク運河 ウルクうんがCanal de l’Ourcq

世界大百科事典 第2版の解説

ウルクうんが【ウルク運河 Canal de l’Ourcq】

パリの北東96kmの地点でウルク川の水を取り入れ,人口が急増するパリに給水すべく,19世紀初頭に建設された運河。1830年にパリの使用水量の60%が,この運河の水でまかなわれた。17世紀にコルベールは,技師ポール・リケのウルク運河計画を認可したが,この計画には,運河航行,パリの街路と下水道の洗浄施設,給水泉の新設などがすでに予定されていた。その後も1787年に計画が立てられ,90年の憲法制定国民会議は工事の実施を決定したが,1802年になってナポレオンが工事に着手させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のウルク運河の言及

【パリ】より

…汚水,塵介,し尿などの処理にゆきづまり,セーヌ川の汚染が深刻化したが,パリ市民の大部分はその水をそのまま飲料水としていた。1802年ナポレオンの決断でウルク運河の工事が始まり,25年に96kmに及ぶこの運河によってパリに水がもたらされるが,それでもパリ市民が1日に使用できる水量は6lだったといわれる。パリの労働者階級は一年中,ふろに入ることはなかった。…

※「ウルク運河」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウルク運河の関連キーワードサン・ドニ(フランス)サンドニ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android