ウンキャル・スケレッシ条約(読み)ウンキャルスケレッシじょうやく

世界大百科事典 第2版の解説

ウンキャルスケレッシじょうやく【ウンキャル・スケレッシ条約】

1833年7月8日オスマン帝国スルタン,マフムト2世とロシア皇帝ニコライ1世との間で締結された相互援助条約。ウンキャル・スケレッシUnkiar‐Skelesi(トルコ語でフンカール・イスケレシHünkār İskelesi)はボスポラス海峡のアジア岸ベイコスの北にある小村で,エジプトムハンマド・アリー反乱に際し,マフムト2世の要請にこたえ,ロシア軍はこの地に上陸した。反乱収拾後,この条約が,ロシア側の英仏に対する牽制とオスマン帝国側のムハンマドアリーに対する防御の必要から同地で締結された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のウンキャル・スケレッシ条約の言及

【海峡問題】より

…1774年にオスマン帝国からロシアが黒海と両海峡の商船の自由航行権を獲得した。さらに1833年のウンキャル・スケレッシ条約によりロシアは,黒海に面していない国々の軍艦の海峡の航行を禁止し,不凍港から暖水域に進出する突破口をつくった。それに対し,第2期の1841年~第1次大戦には,イギリスなどがロシア艦隊の地中海進出を封じこめた。…

※「ウンキャル・スケレッシ条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android