ウーズ(英語表記)Woese, Carl R.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウーズ
Woese, Carl R.

[生]1928.7.15. ニューヨーク,シラキュース
[没]2012.12.30. イリノイ,アーバナ
アメリカ合衆国の微生物学者,分子生物学者。フルネーム Carl Richard Woese。古細菌という分類グループを発見・提唱した(→細菌学)。アマースト大学で学んだのち,1953年エール大学で生物物理学の博士号を取得。エール大学,ゼネラル・エレクトリック研究所,パリのパスツール研究所を経て,1964年イリノイ大学に勤務。1969年から同大学の教授を務めた。リボソームRNA(rRNA。→リボ核酸リボソーム)の類似性を解析していたとき,メタン菌が通常の細菌とも,多細胞生物などが属する真核生物(→真核細胞)とも違うカテゴリーに属することを発見し,1977年に発表。この結果,それまで原核生物と一括されていた核をもたない単細胞生物が真正細菌と古細菌に分けられ,真核生物と合わせて生物は合計三つのグループに大別すべきという結論に達した。1990年,3グループが「界」の上位の「ドメイン」とされ,古細菌の存在が確立した。2000年ナショナル・メダル・オブ・サイエンス,2003年クラフォード賞など受賞多数。(→分類学

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android