コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウードリ Oudry, Jean-Baptiste

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウードリ
Oudry, Jean-Baptiste

[生]1686.3.17. パリ
[没]1755.4.30. ボーベー
フランスの画家,タペストリーのデザイナー,挿絵画家。ラルジリエールに学び,狩猟,動物,静物,肖像を描く。 1720年頃からもっぱら動物画を描き,18世紀最大の動物画家の一人。 26年以後ゴブラン織のデザインを手がけ,34年ボーベーのタペストリー製作所所長,36年ゴブラン織工場の監督長となり,ルイ 15世の狩猟を描いた8点のタペストリーのシリーズ (1736~49) をデザイン,監督して,王室狩猟の御用画家となった。版画ではラ・フォンテーヌの『寓話詩』の挿絵が有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウードリ【Jean‐Baptiste Oudry】

1686‐1755
フランスの画家。パリに生まれる。ラルジリエールに学び,1719年アカデミー・ロアイヤルに迎えられ,34年ボーベのタピスリー製作所長,さらにゴブラン製作所の監督をも兼任。これらのタピスリー下絵の制作,肖像画によっても名声をえたが,その本領は,狩猟の情景,あるいはその獲物の静物画に発揮され,緻密な写実性,装飾性,色調の華麗さによって18世紀フランス絵画に特異な分野を開いている。またその素描の才能は,ラ・フォンテーヌの《寓話》挿絵版画などにも示された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウードリの関連キーワードアウィディウス・カッシウス形而上学叙説井原西鶴小田原藩ビジャープール王国吉田半兵衛ライトヘビー級アウィディウス・カッシウスアンティオコス[4世]クマロン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android