ウーメオー(英語表記)Umeå

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウーメオー
Umeå

スウェーデン北東部,ベステルボッテン県の県都。ボスニア湾岸近く,ウーメ川にのぞむ。 1622年にグスタフ2世アドルフが建設。商業の中心で,家具,機械の製造が行われる。製材業も盛んで製品を輸出する。人口9万 2653 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ウーメオー

スウェーデンの北東部にある都市。ボスニア湾に注ぐウーメ川の河口近くに位置する。古くからスウェーデン北部の教育,文化の中心地で,市内にはウーメオー大学がある。また港湾を有する商工業の中心で,同国北部の木材を集めて製材,木工,家具製作などが行なわれている。人口11万7294人(2012)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android