コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウーリーナイロン ウーリーナイロン woolly nylon

3件 の用語解説(ウーリーナイロンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ウーリー‐ナイロン(woolly nylon)

ナイロンの繊維を熱で加工し、毛織物のような感触をもたせたもの。下着や靴下などに用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウーリーナイロン

ナイロン繊維を加工して羊毛のような感触をもたせたもの。伸縮性に富む。通常ナイロン原糸に強い撚りをかけ,熱処理によって巻縮したもので,温感があり,吸湿性も多少ある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ウーリーナイロン【woolly nylon】

ナイロンの熱可塑性を利用して加工し、羊毛のような外観と感触を与えたもの。弾力性があり、吸湿性に富む。商標名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウーリーナイロンの言及

【バルキーヤーン】より

…この糸はまったく伸長性がなく,紡績糸風の独特な風合いをもち,シャツ,ブラウスなどの最終用途に用いられる。伸縮性の大きい加工糸としてはウーリーナイロンが代表的で,その製造法には仮撚(かねん),熱固定,解撚という工程からなる仮撚法などがあり,用途は靴下,パンティストッキング,レオタード,水着など。【坂本 宗仙】。…

※「ウーリーナイロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウーリーナイロンの関連キーワード繊維機械防虫加工絹上布石綿糸形態安定加工ボロンシャフトボロンロッド揉紙

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウーリーナイロンの関連情報