コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウーリーナイロン woolly nylon

百科事典マイペディアの解説

ウーリーナイロン

ナイロン繊維を加工して羊毛のような感触をもたせたもの。伸縮性に富む。通常ナイロン原糸に強い撚りをかけ,熱処理によって巻縮したもので,温感があり,吸湿性も多少ある。おもにメリヤス編みに用いられ,下着,靴下,パンティーストッキング,水着,セーターなどにする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ウーリーナイロン【woolly nylon】

ナイロンの熱可塑性を利用して加工し、羊毛のような外観と感触を与えたもの。弾力性があり、吸湿性に富む。商標名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のウーリーナイロンの言及

【バルキーヤーン】より

…この糸はまったく伸長性がなく,紡績糸風の独特な風合いをもち,シャツ,ブラウスなどの最終用途に用いられる。伸縮性の大きい加工糸としてはウーリーナイロンが代表的で,その製造法には仮撚(かねん),熱固定,解撚という工程からなる仮撚法などがあり,用途は靴下,パンティストッキング,レオタード,水着など。【坂本 宗仙】。…

※「ウーリーナイロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ウーリーナイロンの関連キーワードウーリー加工ナイロン繊維熱可塑性弾力性デニム足袋外観

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウーリーナイロンの関連情報