コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウーリーモンキー ウーリーモンキー Lagothrix; woolly monkey

4件 の用語解説(ウーリーモンキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウーリーモンキー
ウーリーモンキー
Lagothrix; woolly monkey

霊長目オマキザル科ウーリーモンキー属のサルの総称。大型のサルで,体長 40~60cm。尾は体長より長く,先のほうの内側には毛がなく,物に巻きつけることができる。体毛は柔らかく羊毛状に密生しているので,ヨウモウザルとも呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウーリーモンキー【woolly monkey】

霊長目オマキザル科ウーリーモンキー属Lagothrixに属する新世界ザルの総称。羊毛を思わせる密な体毛で覆われ,長く器用な尾をもつ中型のサル。別名ヨウモウザル。この属には,ヘンディーウーリーモンキーL.flavicaudaとフンボルトウーリーモンキーL.lagotrichaイラスト)の2種が含まれる。前者はアンデス山中で発見されたが,1927年以降見られていない。後者はアマゾン熱帯降雨林に広く分布し,頭胴長は40~50cm,尾長50~60cm,体重3.5~9.0kgで顔がまるい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ウーリーモンキー【woolly monkey】

霊長目オマキザル科ウーリーモンキー属の哺乳類の総称。体長40~55センチメートルで、広鼻猿類としては大形。灰褐色または黒色。羊毛に似た柔らかい毛でおおわれている。アマゾン川流域の森林に二種が分布するが、いずれも生息数が減っている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウーリーモンキー
うーりーもんきー
woolly monkey

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オマキザル科ウーリーモンキー属に含まれる動物の総称。同属Lagothrixは、フンボルトウーリーモンキーL. lagothrichaおよびヘンディーウーリーモンキーL. flavicaudaの2種に分けられる。前者は、アマゾン中流から上流域では非常にポピュラーなサルであるが、後者はペルー領アンデス山地のごく限られた地域にのみ生息する。両種ともオマキザル科のなかでは大形で、体重約10キログラム、頭胴長41~58センチメートル、尾長56~73センチメートル。体格はがっしりとして筋肉の発達がよく、羊毛状の体毛が密生している。このためヨウモウザルともよばれる。尾の先端下面には毛がなく、把握力が強くて、尾だけでぶら下がることができる。とくに果実を好むが、葉や昆虫も食べる。十数頭から50頭ぐらいのよくまとまった群れをつくって生活する。群れの行動域は広く、4~5平方キロメートルに及ぶ。[西邨顕達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウーリーモンキーの関連キーワードオマキザルサバンナモンキーラングール尾巻猿絹猿ゲルディモンキーティティモンキーブルーモンキーリスザル(栗鼠猿)オマキザル科

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウーリーモンキーの関連情報