コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウーリーモンキー Lagothrix; woolly monkey

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウーリーモンキー
Lagothrix; woolly monkey

霊長目オマキザル科ウーリーモンキー属のサル総称。大型のサルで,体長 40~60cm。尾は体長より長く,先のほうの内側には毛がなく,物に巻きつけることができる。体毛は柔らかく羊毛状に密生しているので,ヨウモウザルとも呼ばれる。しかし,顔には毛がなく,顔つきもヒトに似る。 12~25頭の小群をつくって樹上で生活する。昼間活動性で,おもに果実,木の葉,花などの植物質を食べる。南アメリカ北部の森林に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウーリーモンキー【woolly monkey】

霊長目オマキザル科ウーリーモンキー属Lagothrixに属する新世界ザルの総称。羊毛を思わせる密な体毛で覆われ,長く器用な尾をもつ中型のサル。別名ヨウモウザル。この属には,ヘンディーウーリーモンキーL.flavicaudaとフンボルトウーリーモンキーL.lagotricha(イラスト)の2種が含まれる。前者はアンデス山中で発見されたが,1927年以降見られていない。後者はアマゾンの熱帯降雨林に広く分布し,頭胴長は40~50cm,尾長50~60cm,体重3.5~9.0kgで顔がまるい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ウーリーモンキー【woolly monkey】

霊長目オマキザル科ウーリーモンキー属の哺乳類の総称。体長40~55センチメートルで、広鼻猿類としては大形。灰褐色または黒色。羊毛に似た柔らかい毛でおおわれている。アマゾン川流域の森林に二種が分布するが、いずれも生息数が減っている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウーリーモンキー
うーりーもんきー
woolly monkey

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オマキザル科ウーリーモンキー属に含まれる動物の総称。同属Lagothrixは、フンボルトウーリーモンキーL. lagothrichaおよびヘンディーウーリーモンキーL. flavicaudaの2種に分けられる。前者は、アマゾン中流から上流域では非常にポピュラーなサルであるが、後者はペルー領アンデス山地のごく限られた地域にのみ生息する。両種ともオマキザル科のなかでは大形で、体重約10キログラム、頭胴長41~58センチメートル、尾長56~73センチメートル。体格はがっしりとして筋肉の発達がよく、羊毛状の体毛が密生している。このためヨウモウザルともよばれる。尾の先端下面には毛がなく、把握力が強くて、尾だけでぶら下がることができる。とくに果実を好むが、葉や昆虫も食べる。十数頭から50頭ぐらいのよくまとまった群れをつくって生活する。群れの行動域は広く、4~5平方キロメートルに及ぶ。[西邨顕達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウーリーモンキーの関連キーワードフンボルトウーリーモンキーヘンディーウーリーモンキーリオ・アビセオ国立公園リオウーリークモザルマヌー国立公園新世界ザル広鼻猿類灰褐色哺乳類黒色

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android