コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウー・オッタマ ウー・オッタマ U Ottama

4件 の用語解説(ウー・オッタマの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウー・オッタマ
ウー・オッタマ
U Ottama

[生]1878
[没]1939
ビルマ (現ミャンマー) の民族主義運動創始者の一人。 1914年にビルマ仏教青年会 YMBA結成に参加し,日本に長期間滞在した体験記『ジャパン』 (1915) を出版して,ビルマ青年に大きな影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウー・オッタマ

ミャンマーの僧侶。16歳で得度。1921年,1924年,1928年と3度逮捕されながらも,終始英国からの独立と反権力を民衆に訴えつづけた。1907年と1912年に来日,日本を紹介した《日本国事情》の著書もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウー・オッタマ
うーおったま
U Ottama
(1879―1939)

ビルマ(現ミャンマー)の僧侶(そうりょ)。政治運動の指導者。本名はポートウンアウン。アラカン州アキャブ町の出身。過激な言動は宗門界から異端視されたが、植民地時代におけるビルマの民族運動に強い影響を与えた。16歳で得度、19歳で具足戒を受けた。出家のままインド、エジプト、フランス、日本、中国、安南(現ベトナム)などを歴訪して1918年に帰国。インド滞在中に国民会議派の運動に触発され、帰国後は反植民地講演を各地で行い、民衆の政治意識を啓蒙(けいもう)した。1922年に政府誹謗(ひぼう)罪で逮捕投獄され10か月間服役し、1923年にも再逮捕されて3年の刑に服した。その後納税拒否運動を指導して1928年に三度目の投獄にあった。1939年9月、ラングーン(現ヤンゴン)市内で行き倒れとなり死去。著書に『日本国事情』がある。[大野 徹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

ウー・オッタマ
U Ottama


1879 - 1939.9
ビルマの僧侶。
アラカン地方シットゥエ出身。
16才で得度し、インドに遊学し、帰国後具足戒を受けて比丘となる。1918年よりビルマ団体総評議会の政治運動を支援し、逮捕され、’27年に出獄後、ビルマ各地を巡錫して、納税拒否運動を指導した。その過激な言動は宗門界から異端視されたが、反権力意識と反英行動はビルマ民族主義運動に強い影響力を与えた。2度来日しており、’14年には「日本国事情」を出版している。’39年にラングーン市内で行き倒れとなって死去した。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウー・オッタマの関連キーワード階乗NエヌジャービルブンハッヤーンN末端残基Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Politeia tōn Romaiōnビルタ,N.E.ビルト,N.

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone