コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エイトケン Robert Grant Aitken

大辞林 第三版の解説

エイトケン【Robert Grant Aitken】

1864~1951) アメリカの天文学者。二重星の研究で知られる。その「二重星カタログ」は約一七二〇〇対の二重星を含む。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エイトケン【Robert Grant Aitken】

1864‐1951
二重星の研究に大きな貢献をしたアメリカの天文学者。カリフォルニア州に生まれ,1887年マサチューセッツ州のウィリアムズ・カレッジを卒業,95年からリック天文台員となる。20世紀初頭に二重星の調査を系統的に始め,1918年に統計的研究の成果をまとめた《二重星》を発表した。この間,4400個以上の二重星を発見している。32年には,現在でも標準カタログとして使用されている二重星カタログ《New General Catalogue of Double Stars within 120゜ of the North Pole》を出版した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エイトケン
えいとけん
Robert Grant Aitken
(1864―1951)

アメリカの天文学者。カリフォルニア生まれ。1887年ウィリアムズ大学を卒業後、リバモア大学を経て1891年パシフィック大学数学教授、1895年カリフォルニア大学付属リック天文台員、1923年同副台長、1930~1935年台長。1899~1915年に二重星の統計的調査研究に従事し、36インチ反射望遠鏡により約4000対を発見、これらの結果をまとめ、1918年に名著『二重星』The Binary Starsを出版した。また1932年に『二重星新総目録』を編集刊行した。これは1万7180対の二重星について位置、等級、スペクトル型、離角などが収録された典拠で、イギリスの王立天文学会より金賞を授与された。[島村福太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エイトケンの関連キーワードランジュヴァンイオンエイトケン細塵計エイトケン粒子12月31日5月25日巨大粒子大粒子細塵計凝結核霧箱

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android