コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エオリアン・ハープ aeolian harp

翻訳|aeolian harp

1件 の用語解説(エオリアン・ハープの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エオリアン・ハープ【aeolian harp】

風が弦を鳴らす琴。その名はギリシアの風神アイオロスAiolosに由来する。発端は伝説的で,干からびた亀の甲羅に残っていた腱などが風に鳴っていたのを見たヘルメスが弦楽器を作ったというほか,ひとりでに音が出る神秘性を扱った説がある。風を集める漏斗状の部分と多数の弦が張られた方形の琴が連結されており,窓枠に固定したり戸外に据え付けて風を待つ。明確な記述はキルヒャーの《普遍的音楽技法》(1650)に始まるが,日常的に用いられたのはおもに18,19世紀のイギリスドイツである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エオリアン・ハープの関連キーワードカラス扇を鳴らす牙を鳴らす嘴を鳴らす鼻を鳴らす非を鳴らす不平を鳴らす弓を鳴らす腕を鳴らす鋼を鳴らす

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone