コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エコセーズ エコセーズ 〈フランス〉écossaise

4件 の用語解説(エコセーズの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エコセーズ(〈フランス〉écossaise)

19世紀前半に流行した、4分の2拍子の速い舞曲。ベートーベンショパンのものが有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エコセーズ

19世紀前半ヨーロッパで流行した舞曲の一つ。カントリー・ダンスの一種で,2拍子系の急速な踊り。ベートーベンシューベルトが作品を書いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

エコセーズ【écossaise(フランス)】

フランス料理で、イギリススコットランドスタイルの料理に用いる言葉。鮭を使った料理などがある。代表的なものとして「コンソメ・ア・レコセーズ(consommé à l'écossaise、羊肉・大麦の実・さいの目切りにした野菜のスープ)」などがある。◇「スコットランドの」という意。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エコセーズ
えこせーず
cossaiseフランス語

舞曲。「スコットランドの曲」の意。起源に関しては、(1)バッグパイプが伴奏する中庸の速度のスコットランド舞踊、(2)17世紀フランスで「スコットランド風に」つくられた舞曲、という二つの説がある。しかし、一般にエコセーズとよばれるのは、19世紀にウィーンで新しく流行した4分の2拍子の急速で激しい踊りである。ベートーベンシューベルトウェーバーの作品は、この新しい様式による。[関根敏子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエコセーズの言及

【舞曲】より

…古典派の時代に入ると,メヌエットは実際に踊られるだけではなく,純器楽曲として交響曲や弦楽四重奏曲やソナタの中に挿入され,重視されるようになったが,他の宮廷舞曲は急速に衰微していった。18世紀末,ウィーンを中心にワルツ,ワルツより遅いレントラーや2拍子系で比較的速いエコセーズが流行する。なかでもワルツが一世を風靡し,以来J.シュトラウス父子の時代まで全盛を誇るが,ワルツは庶民の間まで深く浸透していた。…

※「エコセーズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エコセーズの関連キーワードスコットランドヤードスコティッシュ・テリアアングレーズグラッセフランス料理ポワレチェビオットスコットランド風ミラノ風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone