コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エコーウイルス ECHO virus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エコーウイルス
ECHO virus

ピコルナウイルス群に属する RNAウイルス。腸管に寄生し,糞便から排泄されるのでエンテロウイルス (腸管系ウイルス) に含まれている。直径約 27nmで球形。 ECHOとは enteric cytopathogenic human orphanの略で,直訳すると「腸管内の細胞変性を示す,ヒト由来の孤児ウイルス」。孤児というのは親に相当する原疾患が不明という意味。このウイルスが分離された初期の頃には,ヒトと疾患との関係が明らかではなかったためこのように命名された。しかし,現在では無菌性髄膜炎のほか,乳児に発疹や下痢などを起す疾患,夏風邪などがエコーウイルスで起ることが明らかにされている。 30の血清型があり,病原性の明らかでない型も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

エコーウイルス【Echo virus】

エンテロ-ウイルス属の球状 RNA ウイルス。無菌性髄膜炎や乳児下痢症などを起こす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エコーウイルス
えこーういるす
ECHO virus

ピコルナウイルス科に属するエンテロウイルスの1種。1本鎖RNA(リボ核酸)ウイルスで、直径24~30ナノメートル(1ナノメートルは10億分の1メートル)、カプソメア(カプシドの構造単位)数32、エンベロープ(外被)はない。エコーウイルスには34の数字がついた血清型があるが、血清型8はエコーウイルス21型、血清型10と28はレオウイルス1型と1A型にそれぞれ変更、またエコーウイルス34型はコクサッキーA24型の抗原変異型となっている。ある型のものは、ヒトのO型血球を凝集する。アカゲザル、カニクイザル、ミドリザルの腎(じん)細胞が培養に用いられ、検体に接種して分離する。培養細胞の変性(細胞変性効果)が認められたら、血清学的に、細胞変性阻止効果によって鑑定し、さらに、ペア血清中の抗体価の変動や有無を補体結合反応で確認する。
 エコーウイルスはenteric cytopathogenic human orphan virusの頭文字をとった略称で、無症候のヒトの糞便(ふんべん)から分離され、腸管の細胞変性をおこしながら、病原不明であるところから名づけられたものであるが、現在ではヒトに感染して、無菌性髄膜炎、発疹(はっしん)性熱性疾患、夏かぜ、下痢などをおこすことがわかっている。[曽根田正己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エコーウイルスの関連キーワード亜急性甲状腺炎(デュ・クェルバン甲状腺炎)かぜとインフルエンザの予防ウイルス性発疹症ピコルナウイルス伝染性下痢症乳児下痢症かぜ症候群ポリオ心筋炎球状脳炎風疹

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android