コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エスコラ Eskola, Pentti Eelis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エスコラ
Eskola, Pentti Eelis

[生]1883.1.8. ホンキラーティ
[没]1964.12.6. ヘルシンキ
フィンランドの地質鉱物学者。ヘルシンキ大学で理論化学を専攻,のち地質学に転じ,ノルウェー,アメリカで研究 (1920~21) 。フィンランド地質調査委員会のメンバー。ヘルシンキ大学の地質学,鉱物学の教授 (24) 。 V.ゴルトシュミット,J.H.L.フォクト,A.ハーカーとともに熱力学的理論化学を岩石学に導入,変成相鉱物相の概念,花崗岩成因論,マグネシア交代作用の理論などを打立て,近代岩石学に貢献。すぐれた教科書『岩石の生成』 Die Entstehung der Gesteine (39) を共著で出した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エスコラ

フィンランドの岩石学者。ヘルシンキ大学教授。V.M.ゴルトシュミットと並んで,化学平衡論的な近代変成岩岩石学の創始者。南西フィンランドのオリエルビ地方の変成岩の研究からその鉱物成分と化学成分の関係を発見,変成岩理論の指導原理である鉱物相原理を提唱した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エスコラ
えすこら
Pentti Eelis Eskola
(1883―1964)

フィンランドの岩石学者。ヘルシンキ大学で修めた化学を地質学に役だてようと同大学に勤務し、のちに教授になった。1914年、フィンランド南西部のオリイェルビ鉱山地域の変成岩の研究で学位を得、それに基づいて鉱物相理論を打ち立て、ノルウェーのV・M・ゴルトシュミットとともに、近代変成岩岩石学の基礎を築いた。また、フィンランドのみならず、北ヨーロッパの先カンブリア地質学にも大きな業績を残した。フィンランド地質学会は彼の功績をたたえて、エスコラ・メダルを制定し、その第一号を彼に贈った。バートおよびコレンスCarl Wilhelm Correns(1893―1980)との共著になる『岩石の生成』の変成岩編は不朽の名著である。[橋本光男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エスコラの関連キーワードバート(Thomas Fredrik Weiby Barth)エスコラピオス学園海星高等学校ハイパーキネマティック花崗岩ヨゼフ・カラサンクティウスエスコラ石(データノート)後期キネマティック花崗岩角閃石ホルンフェルス相アルマンダイン角閃岩相輝石ホルンフェルス相P.E. エスコラサニディナイト相ヘルシンカイト相フィデル ラモスグラニュライト相エイケイエフ図角閃石斑糲岩相アイソグラッドエイシイエフ図緑簾石角閃岩相藍閃石片岩相

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android