コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エスリンゲン(英語表記)Esslingen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エスリンゲン
Esslingen

正式名称はエスリンゲンアムネッカー Esslingen am Neckar。ドイツ南西部,バーデンウュルテンベルク州の都市。シュツットガルト南東,ネッカー河畔に位置する。8世紀末には集落をなし,1219年頃都市権を得た。肥沃なブドウ栽培地帯の中心地として,商業のほか繊維,皮革工業が発達。 1360~1802年は帝国直轄都市。ドイツに現存する最古のドミニコ会聖堂 (1233~68) や3つの市庁舎 (1430頃,1746ほか) など歴史的建造物が多い。工業は機械,電気機器,羊毛紡績に特色がある。人口9万 1685 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エスリンゲン
えすりんげん
Elingen am Necker

ドイツ、バーデン・ウュルテンベルク州の都市。正称エスリンゲン・アム・ネッカー。人口9万(2000)。シュトゥットガルト南東部に隣接し、丘陵地帯を貫流するネッカー川の谷底平野に位置する。8世紀以降、同川の渡頭(ととう)集落として発達し、1212年神聖ローマ帝国直轄都市になり、ワイン取引で知られた。ネッカー川の分流を挟む旧市街には中世のおもかげが残る。鉄道車両、機械、冶金(やきん)などの工業が川沿いの低地に立地する。[朝野洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エスリンゲンの関連情報