コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エセーニン Esenin, Sergei Aleksandrovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エセーニン
Esenin, Sergei Aleksandrovich

[生]1895.10.3. コンスタンチノボ
[没]1925.12.27. レニングラード
ロシア,ソ連の詩人。貧農の家庭に生れ,17歳のときモスクワに出て,商店や印刷所で働きつつ勉学し,詩を書いた。処女詩集『招魂祭』 Radunitsa (1916) 以来,ロシアの自然と民衆への愛を抒情的にうたいあげ,田園詩人として多くの人々に愛された。十月革命を熱狂的に歓迎したが,やがて革命の変貌とともに,失意と幻滅のうちに自殺。『イノーニヤ』 Inoniya (18) ,『ヨルダンの鳩』 Iordanskaya golubitsa (18) ,『酒場のモスクワ』 Moskva kabatskaya (24) ,『アンナ・スネーギナ』などの作品で,自己の悲劇性を表現した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エセーニン(Sergey Aleksandrovich Esenin)

[1895~1925]ソ連の詩人。農村の出身で、ロシアの自然への愛情をこめた抒情詩を作った。社会主義革命を支持したが、心理的破綻から自殺。作「ラドウニツァ」「酒場のモスクワ」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

エセーニン

ロシア(ソ連)の詩人。リャザンの生れ。ロシアの自然美の抒情的な歌い手として出発,革命の激動のなかで傷つきやすい詩人の魂の哀傷を繊細に表現した。革命後はイマジニストのグループに加わる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エセーニン【Sergei Aleksandrovich Esenin】

1895‐1925
ロシア,ソ連邦の抒情詩人。中部ロシア,リャザン県の農民の子。教員養成学校卒業後1912年にモスクワに出,印刷所などで働きながら詩作を開始,政治活動にも触れる。15年ペトログラードに移り,詩人クリューエフ,象徴派の大詩人ブロークやベールイと知り合い,影響を受ける。20歳の処女詩集《ラードゥニツァ(招魂祭)》(1915)で首都の詩壇にデビュー。一貫して彼の歌の根本には,幼少時から親しんだ農村ロシアの巡礼者たちの宗教歌やチャストゥーシカ(4行俗謡)が流れている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

エセーニン【Sergei Aleksandrovich Esenin】

1895~1925) ソ連の詩人。農村の牧歌的風景をうたう農村詩人として出発、イマジズムの運動にも加わったが、革命後の社会に幻滅し自殺。詩集「酔いどれモスクワ」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エセーニン
えせーにん
Сергей Александрович Есенин Sergey Aleksandrovich Esenin
(1895―1925)

ロシアの叙情詩人。中部ロシア、リャザニ県の農民の子に生まれる。教員養成学校卒業後モスクワに出、印刷所などで働きながら学び、詩作し、政治活動にも触れる。1915年ペトログラード(サンクト・ペテルブルグ)に移り、詩人クリューエフ、象徴派の大詩人ブロークやベールイと知り合う。処女詩集『招魂祭』(1915)で首都の詩壇にデビュー。彼の詩の根底には、幼少時から親しんだ農村ロシアの貧しい巡礼者たちの宗教歌や四行俗謡が流れている。処女詩集で、貧しい農村ロシアへの愛、漂泊、ソバの花や、牧歌的自然の遠景に置かれたロシアの心優しいキリストを賛歌した彼は、17年、十月革命を歓喜して迎えると同時に、農民社会主義の理念に燃える「スキタイ人」グループの積極的一員として活躍。詩人としての自分を、もっとも左であり、ロシア革命の根本を体現する予言者的歌い手として自覚、農村ユートピアを夢想する長詩『イノニヤ』(1918)を書く。やがて印象派イマジニストに属し、21年には農民反乱を描いた詩劇『プガチョフ』で革命の現実を重ね合わせる。21~23年、愛人イサドラ・ダンカンとヨーロッパ・アメリカ旅行に出るが、文明に絶望、また現実の革命ロシアの未来像にも幻滅し、農民反乱の王国へ回帰し、22年から23年にかけて『酔いどれモスクワ』や詩劇『ろくでなしの国』を書くことで精神上の危機を乗り越えようとする。「ぼくの詩の最良のファンは淫売(いんばい)や強盗」とまで自伝にいう彼だが、他方では愛のテーマの詩集『ペルシアのモチーフ』(1925)や新農村を写実的に描く長詩『アンナ・スネーギナ』(1924)を書き、トルストイの孫娘ソフィヤと結婚、生涯の暗部を回想した長詩『不吉の人』(1925)でデカダンな生活から再生しようとしたが、そのやさきの25年12月28日、投宿中のレニングラード(サンクト・ペテルブルグ)のホテルで、血で詩「さようなら友よ」を書き残して縊死(いし)した。[工藤正広]
『内村剛介訳『世界の詩 53 エセーニン詩集』(1978・弥生書房) ▽落合東朗著『エセーニンの生涯』(1974・第三文明社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エセーニンの関連キーワードダンカン(Isadora Duncan)ゲオルギ スヴィリドフニコライ クリューエフ人間・歳月・生活イマジズムロシア文学10月3日同伴者文学農民文学新世界sr

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エセーニンの関連情報