コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エソ

栄養・生化学辞典の解説

エソ

 ヒメ目エソ科の海産魚で,かまぼこなどに,加工される.マエソ (largescale lizardfish)[Saurida sp.],アカエソ(red brown lizardfish)[Synodus ulae],オキエソ(snake fish)[Trachinocephalus myops],ワニエソ[Saurida wanieso]などがある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エソ

エソ科の魚の総称。とくにマエソ属,アカエソ属,オキエソ属の魚を指すことが多い。すべて暖海性の底生魚で,口が大きく,歯が鋭いのが特徴。マエソは円筒状で体長30cmくらい,ときに50cmを超える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エソ
えそ / 狗母魚・
lizard fishes

硬骨魚綱ハダカイワシ目エソ科の魚類の総称。エソ科Synodontidaeの魚類は、温帯から熱帯の海域に分布し、砂泥質の海底に生息する。全長60センチメートルに達するものがある。体形はほぼ円筒状で細長く、尾部に向かって細くなる。頭部は一般に縦扁(じゅうへん)し、頭部も体部も鱗(うろこ)で覆われており、側線に沿った鱗もとくに大きくない。口は斜め上向きに開き、細くて先の鋭い歯が両あごに密生している。1種を除き、脂(あぶら)びれがある。背びれの条数は9~14本で、臀(しり)びれの条数は8~16本である。世界で4属34種ほど報告されているが、日本では3属15種(アカエソ属Synodus10種、マエソ属Saurida4種、オキエソ属Trachinocephalus1種)の報告がある。幼魚は細長く、体の腹面に沿って暗色斑(はん)が数個並ぶのが特徴。エソ科魚類は肉食性で、小形の魚類などを食べる。肉は白身で、練り製品の材料としては最高級品とされている。
 エソ科のうち代表的なものはマエソSaurida undosquamisで、全長35センチメートルほどに達し、尾びれの上縁に黒点が並んでいるのが特徴。鱗は大きく、側線鱗数は48~53枚、背びれ前方の鱗数は17~20枚である。本州中部以南、オーストラリア、インド洋、紅海、アフリカ東岸にかけて広く分布する。近縁種のトカゲエソS. elongataは、新潟県以南、東シナ海に分布し、全長50センチメートル。体は黄褐色を帯びる。アカエソSynodus variegatusは東海地方以南に分布し、全長25センチメートル。体の背方は灰赤色の地で8~9条の赤褐色の横帯がある。スナエソS. fuscusは、東海地方以南に分布し、全長25センチメートル。体の背方は灰色で、上部に約10条の暗灰色斑がある。オキエソTrachinocephalus myopsは、世界中の暖海に広く分布し、全長37センチメートル。体は淡黄色で、3~4条の不規則な青色縦帯がある。これらの種はいずれも底引網で漁獲され、練り製品の材料にされる。[上野輝彌]

料理

マエソはエソ類中ではいちばん味がよい。なまのものをそのまま煮ると小骨が口に当たって食べにくいが、開いて干してから焼くと小骨が感じられない。年間通して味のよい魚である。関西、四国、九州で多く用いられ、上等かまぼこの材料にされる。大分県の海ではエソが多くとれることがあるが、そのときは総菜類にもしている。エソを用いた郷土料理として、大分県の光明寺飯(こうみょうじめし)とおかやくが知られる。光明寺飯は、エソを包丁の柄(え)でたたいて骨を取り去り、干したミカンの皮といっしょにすり鉢ですり、しょうゆ、調味料で味つけし、熱い飯の上にかけて用いるものである。また、おかやくは、エソの肉を焼いて野菜と煮込んだものである。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エソの関連キーワードTrachinocephalus myopsSaurida waniesoかまぼこ(蒲鉾)以西底引網漁業エソ(狗母魚)スナフーヤー狗母魚・鱛青眼狗母魚動物行動学蜥蜴狗母魚トカゲエソ光明寺飯白身の魚薩摩揚げ練り製品ワニエソ赤狗母魚スナエソおかやく鰐狗母魚

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エソの関連情報