コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾエノキ えぞえのき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゾエノキ
えぞえのき / 蝦夷榎
[学]Celtis jessoensis Koidz.

ニレ科の落葉高木。エノキに似るが葉の縁(へり)にはほぼ全体にとがる鋸歯(きょし)があり、果柄はより長く、長さ2~2.5センチメートルあり、果実は熟すと黒色となる。北海道南西部、本州、四国、九州の山地に生え、朝鮮の済州島にも分布する。材は柔らかく家具材とする。国蝶(こくちょう)オオムラサキの食草でもある。[伊藤浩司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエゾエノキの言及

【エノキ(榎)】より

… エノキ属Celtisは,北半球の温帯から熱帯域までに約80種が分化している。日本にはエノキのほかに,エゾエノキやコバノチョウセンエノキがある。【浜谷 稔夫】
[民俗]
 エノキは一里塚に植えられ道標とされたほか,村境,橋のたもとにも植えられ,道祖神の神木となっている場合もある。…

※「エゾエノキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エゾエノキの関連キーワードオオムラサキ(チョウ)ゴマダラチョウヒオドシチョウオオムラサキテングチョウ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android