コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エチルベンゼン ethylbenzene

世界大百科事典 第2版の解説

エチルベンゼン【ethylbenzene】

芳香族炭化水素の一つ。引火性のある無色の液体で,融点-94.98℃,沸点136.19℃,比重0.866(25℃)。水に不溶,ほとんどの有機溶媒と均一に混ざる(溶ける)。ベンゼントルエンキシレンとともに主要な芳香族石油化学製品の一つであり,広範で重要な主要化学原料である。工業的には,主として,ベンゼンを酸触媒(液相法では塩化アルミニウムなど,気相法ではリン酸‐担体)を用いエチレンアルキル化して製造される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エチルベンゼン
えちるべんぜん
ethylbenzene

代表的なアルキルベンゼンで、キシレンの異性体。フェニルエタンともいう。
 芳香族炭化水素に特有のにおいをもつ無色液体。石油のC8留分の成分だが、各成分は沸点が接近しているので分離はむずかしい。工業的には塩化アルミニウム、三フッ化ホウ素、リン酸などの触媒の存在下、ベンゼンにエチレンを吹き込んで製造する。酸化鉄‐三酸化クロム‐炭酸カリウム系脱水素触媒の存在下で600℃前後の高温に加熱すると、エチル基CH3-CH2-がビニル基CH2=CH-に変化してスチレンになる。この方法により、合成樹脂や合成ゴムの原料として重要なスチレンが工業的に製造される。エチルベンゼンは酸化すると安息香酸を与え、光塩素化でα(アルファ)-位が塩素化される。[向井利夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエチルベンゼンの言及

【キシレン】より

…いずれも可燃性の無色の液体で(燃えると芳香族化合物特有の濃いすすを出す),水にほとんど溶けず,エーテル,エチルアルコールなどに溶け,またキシレン自身も溶解力の大きい優れた溶媒である。各異性体の物性値を,同じ分子式C8H10を有する構造異性体であるエチルベンゼンとともに表に示す。 キシレンは石油ナフサの接触改質油や石炭のタール軽油に含まれる。…

※「エチルベンゼン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エチルベンゼンの関連キーワードエチルベンゼン(データノート)フリーデル=クラフツ反応シックハウス症候群ジビニルベンゼン芳香族炭化水素石油化学工業脱水素反応酸化脱水素アルケンスチレンエチル化誘導品

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android