コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エッツェリーノ・ダ・ロマーノ Ezzelino da Romano

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エッツェリーノ・ダ・ロマーノ
Ezzelino da Romano

[生]1194.4.25.
[没]1259.10.1. クレモナ,ソンチーノ
中世北イタリアのベロナ,ビチェンツァ,パドバを支配した貴族。 1226年ベロナのポデスタとなり,初めロンバルディア同盟と結んだが,のち神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世と組んでロンバルディア同盟に敵対。 37年のコルテヌオーバの戦いで勝ち,パドバビチェンツァの支配を確実なものとし,ダンテの「地獄編」に記された残虐さをもって敵対者を圧迫した。ローマ教皇インノケンチウス4世により異端として破門され,教皇派 (グェルフィ) との激しい戦争が繰広げられたが,59年ミラノ攻撃に失敗して捕われ死亡した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

エッツェリーノ・ダ・ロマーノ

生年月日:1194年4月25日
イタリアの大領主
1259年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

エッツェリーノ・ダ・ロマーノの関連キーワードデラ・スカラ家パドバ大学生年月日

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android