コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エデア エデア Edéa

3件 の用語解説(エデアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エデア
エデア
Edéa

カメルーン南西部の都市。地方行政の行政庁所在地ヤウンデ西方約 155km,サナガ川下流沿岸に位置。水力発電所があり,ギニアからの原料輸入によるアフリカ最初のアルミニウム精錬工場が造られたところ

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エデア(Edéa)

カメルーン西部の都市。港湾都市ドゥアラクリビ、首都ヤウンデと鉄道で結ばれる交通の要地。サナガ川の水力発電所による電力を利用し、アルミ精錬が盛ん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エデア
えであ
Eda

中部アフリカ、カメルーン南西部の小都市。サナガ川沿いの熱帯降雨林の中にある。人口12万2300(2001推計)、20万9586(2010推計)。首都ヤウンデ、国際港ドゥアラ、保養地クリビを結ぶ交通の要衝にある。近郊にはサナガ川にかかる滝を利用した水力発電所があり、これを中心にアルミナ製錬、トタン板製造などのアルミナ関連工場群が成立している。周辺の森林では木材開発が盛んで、木材加工場やパルプを利用する製紙工場も操業している。[門村 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エデアの関連キーワードカメルーン山官治行政地方行政ブエア地方行政官地方行政機関ナグプル指定地方行政機関ブアルリンベ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone