コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エドヒガン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エドヒガン
えどひがん / 江戸彼岸
[学]Prunus spachiana Kitamura f. ascendens Kitamura

バラ科の落葉高木。高さ10~20メートルになる。樹皮は淡灰褐色で縦に割れ、小枝は細い。葉は互生し、長楕円(ちょうだえん)形、長さ5~10センチメートルで先はとがり、縁に鋸歯(きょし)があり、両面と柄に毛がある。3~4月、葉の出る前に淡紅白色、径約3センチメートルの花が散形状に開く。花弁は5枚あり、萼筒(がくとう)は基部が円く膨らみ、花柄、萼、花柱の下半部に毛がある。本州、四国、九州の山地に野生し、朝鮮、中国大陸中部、台湾に分布する。強健なサクラで各地に老大木が知られる。開花期が早く、土地を選ばず生育がよいので、各地に広く植栽される。関東地方に多く植えられるのでアズマヒガン、また、葉のないうちに花が開くので、歯のない姥(うば)に例えてウバヒガン(姥彼岸)ともいう。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエドヒガンの言及

【サクラ(桜)】より

…一般にサクラと総称しているものは,主として北半球の温帯と暖帯に分布しているバラ科サクラ属サクラ亜属の主として落葉性の樹木で,花がいっせいに開花して美しいものが多く,広く観賞されている。日本にはヤマザクラ,オオヤマザクラをはじめ,カスミザクラ,オオシマザクラ,マメザクラ,エドヒガン,チョウジザクラ,ミヤマザクラ,タカネザクラなど10種類ほどの自然種を基本として,変種や品種をあわせると約100ほどの種類が野生している。サクラ類の多くは陽樹で,しかも二次林を構成する生長の速い種が多いため,人家で栽植するにも好適であり,これらの野生種から多数の園芸品種が育成され,その数も200から300といわれる。…

※「エドヒガン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

エドヒガンの関連キーワードソメイヨシノ(染井吉野)徳島県美馬郡つるぎ町貞光シダレザクラ(垂桜)広島県庄原市東城町森石割り桜・石割桜イシワリザクラサクラ(桜)根尾谷淡墨桜シダレザクラソメイヨシノ福智(町)ウバヒガン山高神代桜長井(市)染井吉野枝垂れ桜小林義雄高岡城サクラ彼岸桜

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エドヒガンの関連情報