コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エドワード・スノーデン えどわーど・すのーでんEdward Snowden

知恵蔵の解説

エドワード・スノーデン

米国のコンサルティング会社ブーズ・アレン・ハミルトンの情報技術者。米国国家安全保障局(NSA)から同社への委託により、諜報活動に関わる。
1983年6月21日生まれ。米国ノースカロライナ州ウィルミントン市で幼少期を過ごす。高校を中退後、地元のコミュニティカレッジにて情報技術を学び、中等教育修了証を得る。
2004年5月、米国軍に入隊し、14週間の特殊部隊新兵コースに所属するが、両脚を骨折する事故にあい、除隊。その後、NSAの警備員として雇われ、次に中央情報局(CIA)の情報技術職員となり、07年スイスのジュネーブで情報収集活動に関わる。09年、CIAを退職し、コンピューター企業のデルやブーズ・アレンとの個人契約を結ぶ。ブーズ・アレンからNSAの日本オフィスに出向したこともあり、香港に逃亡する直前まではNSAハワイ・オフィスに配属され、オアフ島に在住していた。
13年6月、香港に逃亡し、英紙ガーディアンの取材を受けたスノーデンは、NSAから持ち出した内部文書を同紙に暴露。また、NSAがプリズム(PRISM)と呼ばれる国民監視システムを使い、米国内で網羅的な通信情報収集を行っていることをリークした。
米国検察当局は、スノーデンをスパイ行為などの罪で刑事訴追し、香港に対して身柄拘束を要請していたが、6月23日、スノーデンはロシアに移動。6月30日、スノーデンを支援しているウィキリークスの法律専門家は、モスクワのシェレメチェボ空港において、新たにロシアを含む19カ国への亡命申請書をロシア当局者に手渡した。既にエクアドルとアイスランドに政治亡命の申請が出されていた。しかし、プーチン大統領が反米活動の停止を求めたため、ロシアへの亡命申請は取り下げられた。
7月1日、スノーデンは新たに、NSAが日本など同盟国を含む38の大使館や代表部の通信を盗聴・傍受していると暴露。
7月5日、ベネズエラのマドゥロ大統領は、スノーデンの「人道的な亡命を認める」と述べ、ニカラグアのオルテガ大統領も、これに同調した。7月6日には、ボリビアのモラレス大統領も亡命受け入れを表明。スノーデンはシェレメチェボ空港の乗り換えエリアに滞在しているとみられ、中南米への亡命が有力であるものの、パスポートが失効されているほか、米国の圧力や受け入れ候補国の諸事情により、渡航手続きがどう進むかは不透明である(13年7月8日時点)。

(葛西奈津子  フリーランスライター / 2013年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

エドワード・スノーデンの関連キーワード国家安全保障局[アメリカ合衆国]元職員による極秘情報収集の暴露ICANN

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エドワード・スノーデンの関連情報