コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エネファーム えねふぁーむ ENE・FARM

3件 の用語解説(エネファームの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

エネファーム

燃料電池実用化推進協議会によって定められた家庭用燃料電池コージェネレーションシステムの統一名称。2009年にガス会社や石油元売会社から販売が開始された。ガスや灯油から取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させて電気を作り出すシステムで、発電時に出る排熱は給湯や暖房に利用される。自宅で発電するため送電ロスがほとんどない上、排熱を利用するためエネルギー利用効率が高く、二酸化炭素の排出量を低減できるなどのメリットがある。導入には国の補助金制度が利用できるが、当初は約300~350万円と高額であることから普及が進まなかった。しかし、11年の東日本大震災端を発する停電リスクや電力不足によって注目が高まり、徐々に価格が下がっていることもあって導入する家庭が増加。13年には200万円を切る機種も登場している。

(2013-2-20)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

エネファーム

ガスで発電し、その熱でお湯をつくる装置。都市ガスやLPガスの会社が販売を手がける。ガスの使用量は増えるが、電気代が大幅に下がり、結果的に光熱費を安くできる。政府のエネルギー基本計画では、20年に全国で140万台、30年に全国の世帯数の1割にあたる530万台を導入する目標を掲げる。

(2015-09-16 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エネファーム

《Energie(エネルギー)+farm(農場)からの造語》燃料電池実用化推進協議会が定めた、「家庭用燃料電池コージェネレーションシステム」の統一名称。一般家庭に設置する自家発電給湯設備で、都市ガスLPガス灯油などから水素を取り出し、空気中の酸素と反応させて発電するシステムで、発電時の排熱も給湯に利用する。ガスなどから水素を取り出す過程で二酸化炭素が排出されるが、従来の給湯器と比べて二酸化炭素の排出量を約4割削減できるとされる。平成21年(2009)5月からガス会社などが販売を開始した。商標名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エネファームの関連キーワード燃料電池車気体電池燃料電池自動車EDI推進協議会JEDIC次世代EDI推進協議会次世代電子商取引推進協議会DMFC水素自動車と燃料電池車酸水素燃料電池

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エネファームの関連情報