コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エビスガイ エビスガイCalliostoma unicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エビスガイ
Calliostoma unicus

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科。殻高 3cm,殻径 2.8cm。殻は堅固。殻表には多くの筋があり,地色は黄褐色から赤褐色で,濃黒褐色と黄白色の斑が対になってあり,周縁には黒褐色と黄白色の小斑が交互にある。螺塔は円錐形で,体層が大きく,丸みがある。ふたは丸く,薄質で褐色。体は鮮かな橙色で頭部には1対の触角が,体の両側には4対の上足突起があり,これらを打ち振りながら歩く。房総半島から九州までの潮間帯から水深 20mまでの岩礫底にすむ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エビスガイ
えびすがい / 戎貝
[学]Tristichotrochus unicus

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科の巻き貝。房総半島以南の潮間帯の岩礁にきわめて普通にみられる。殻は堅固で、低い円錐(えんすい)形をしている。殻高、殻径とも30ミリメートルぐらいである。螺層(らそう)はよく膨らんで褐色、細く低い螺状肋(ろく)が多数あり、その上に褐色の雲状斑(はん)があって、各層の周辺には褐色の点が並んでいる。殻底はわずかに膨らんでいて螺状肋が密に並び、斑はなく臍孔(へそあな)は開いていない。蓋(ふた)は角質の多旋形で丸い。動物体は朱色で、頭部触角および上足突起は長い。岩礁上の珪藻(けいそう)など微生物の膜フィルムをなめ取り、海藻を食べる。肉は食用とされる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エビスガイの関連情報