コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エフレイノフ エフレイノフ Evreinov, Nikolai Nikolaevich

2件 の用語解説(エフレイノフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エフレイノフ
エフレイノフ
Evreinov, Nikolai Nikolaevich

[生]1879.2.26.
[没]1953.2.7.
ソ連の劇作家。自然主義演劇リアリズム演劇に反対し,人間の内面の自我を描くことを強調。代表的作品は「モノドラマ」という副題をもつ『心の劇場』V Kulisakh Dushi (1912) で,1人の人物の分裂した自我の諸相が数人の俳優によって演じられる形式をとっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エフレイノフ【Nikolai Nikolaevich Evreinov】

1879‐1953
ロシアの劇作家,演出家,演劇理論家。俳優の家に生まれ,法律学校と音楽学校を卒業した。1908年ころから,演劇は人間の内面(自我)を具象化すべきであるとして,一人の俳優が演ずる従来のモノドラマに対して,複数の登場人物を通して,主役の内面を浮彫にし,観客の舞台参加を求める理論を主唱し,みずから実践した。この理論は,《モノドラマ序説》(1909)にまとめられ,やがて〈生活の演劇化〉や〈カーニバル性の復活〉を強調して,メイエルホリドらに影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エフレイノフの関連キーワードショインカストラスバーグ福田恆存ローゾフロシアの恋人クレーグ生田萬(2)伊藤松雄岡安伸治堂本正樹

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone