コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エフレイノフ エフレイノフEvreinov, Nikolai Nikolaevich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エフレイノフ
Evreinov, Nikolai Nikolaevich

[生]1879.2.26.
[没]1953.2.7.
ソ連の劇作家。自然主義演劇やリアリズム演劇に反対し,人間の内面の自我を描くことを強調。代表的作品は「モノドラマ」という副題をもつ『心の劇場』V Kulisakh Dushi (1912) で,1人の人物の分裂した自我の諸相が数人の俳優によって演じられる形式をとっている。ほかに,ゴーゴリの『検察官』をスタニスラフスキー,M.ラインハルト,G.クレイグが演出したらどうなるかを想定したバーレスク的作品『検察官』 (12) ,演劇のリアリティーを主張するあまり,舞台前面にも壁を造ることを要求する演出家を描いた風刺喜劇『第四の壁』 (15) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エフレイノフ【Nikolai Nikolaevich Evreinov】

1879‐1953
ロシアの劇作家,演出家,演劇理論家。俳優の家に生まれ,法律学校と音楽学校を卒業した。1908年ころから,演劇は人間の内面(自我)を具象化すべきであるとして,一人の俳優が演ずる従来のモノドラマに対して,複数の登場人物を通して,主役の内面を浮彫にし,観客の舞台参加を求める理論を主唱し,みずから実践した。この理論は,《モノドラマ序説》(1909)にまとめられ,やがて〈生活の演劇化〉や〈カーニバル性の復活〉を強調して,メイエルホリドらに影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エフレイノフの関連キーワードアジプロ演劇