コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第四の壁 だいしのかべfourth wall

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第四の壁
だいしのかべ
fourth wall

近代自然主義演劇の概念の一つ。プロセニアム・ステージの前面の空間に本来は第四の壁が存在すると考え,上演の際には便宜上それを取払い,観客が室内で起る事件を見ることができるようにするという約束。 N.エフレイノフの戯曲『第四の壁』 Chetvërtaya stena (1915) は,自然主義を信奉する演出家が実際に舞台に第四の壁をつくって『ファウスト』を上演しようとするのに腹を立てた役者が,これまた芝居用に用意されたほんとうの毒を飲んで死ぬという自然主義に対する風刺的作品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいよんのかべ【第四の壁】

演劇用語。真の現実再現的な舞台表現は,舞台前面に4番目の壁があるかのように,俳優は観客が存在しないものとして行動し,観客は外の世界から舞台上の生活をのぞき見ている意識をもつものだとする理論のこと。こういう舞台は,現実についてのイリュージョン(幻想)を観客に抱かせることを目的とするもので,〈イリュージョン舞台〉とも呼ばれ,リアリズムを主眼とする〈近代劇〉の要求するものであった。俳優は正面に壁があるつもりで観客を無視して演ずべきという考えは,すでに18世紀のディドロなどにみられたが,〈第四の壁〉が成立するためには少なくとも次の三つの外的条件を必要とした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の第四の壁の言及

【近代劇】より

…装置も平行衝立に代わって,19世紀半ばから室内の場合三方を壁で囲み天井もついた〈箱型装置〉が使われだす。観客はとりはずされた〈第四の壁〉からのぞき見しているという近代劇のイリュージョン的性格がここにできあがることになる。
[代表的作家]
 近代劇の父と呼ばれるイプセンは,49歳になって最初の社会問題劇《社会の柱》(1877)を書いた。…

【劇場】より

…たてまえ上は,舞台は四つの壁で囲まれた空間であり,客席と舞台とを隔てる壁だけが透明であるとされる。観客はこの目に見えない〈第四の壁〉を透かして,別世界の事件をのぞき見ることになる。舞台で劇が演じられていないときには,この壁があるとされる場所に幕が下ろされ,舞台を観客の目から遮る。…

※「第四の壁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

第四の壁の関連キーワード第四の壁(だいよんのかべ)第四の壁(だいしのかべ)リアリズム演劇原子炉格納容器ロシア演劇

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android