エブリマンズ・ライブラリー(英語表記)Everyman’s Library

世界大百科事典 第2版の解説

エブリマンズ・ライブラリー【Everyman’s Library】

イギリスのもっとも普及した叢書の一つ。批評家・編集者アーネスト・リースErnest Rhysの企画によって1906年に創刊された。英米を主として,ヨーロッパ近代の名作,さらに古典作品をも収録して,人文科学的な教養大衆のものにした功績は大きい。当初ポケット判の小さな判型だったが,50年代から大きな判型になった。に中世道徳劇《エブリマン》の台詞,〈私は君とともに行こう〉が掲げられており,この叢書の姿勢を示していると言えよう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android