コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エボヤ エボヤ Styela clava

2件 の用語解説(エボヤの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エボヤ
エボヤ
Styela clava

原索動物門尾索亜門ホヤ綱壁性目エボヤ科。全長5~15cm。体は黄褐色で細長く,柄の基部で岩やその他のものに付着する。体の前端に出水孔と入水孔とが開いているが,入水孔は腹側に曲っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エボヤ
えぼや / 柄海鞘
[学]Styela clava

原索動物門尾索綱壁性目スチエラ科に属する亜冷水系の単体ボヤ。体は長さ約7センチメートルまでの長円筒形で、その後端に続く細長い柄(長さ約3センチメートルまで)で岩礁などに固着する。まれに柄のほとんどない個体もある。外皮は赤褐色でじょうぶな革状、表面には突起やしわがある。日本の沿岸ではおもに水の停滞的な内湾に生息し、ときに養殖筏(いかだ)や船底に群がりついて害を与える。
 そのほか、トンキン湾、東シナ海北部、日本海北西部、オホーツク海、ベーリング海にも生息が知られている。さらに、広範囲の温度や塩分変化に耐える特性のため、おそらく船によって運ばれ、カリフォルニア沿岸(1920年代)、ヨーロッパ(1953年)、オーストラリア南東部(1972年)に移住し繁栄している。寿命は1年から1年半で、放卵放精後に親個体は死亡する。[西川輝昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エボヤの関連キーワードアカボヤシロボヤ脊索動物チブサボヤドロボヤ亜門光海鞘海鞘軟体類エボヤ(柄海鞘)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone