コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エミグレ émigré

翻訳|émigré

3件 の用語解説(エミグレの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

エミグレ【émigré】

亡命者。特に、フランス革命時の亡命貴族。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エミグレ
エミグレ

亡命貴族」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エミグレ
えみぐれ
migrフランス語

一般的には政治上の亡命者を意味するが、歴史上ではフランス革命に反対して亡命した貴族、聖職者などをさす。亡命は、1789年の革命勃発(ぼっぱつ)直後から始まり、その進行につれて亡命者の数は増し、93年ごろ3万を超えたといわれる。彼らのなかには、国王ルイ16世の弟プロバンス伯(後のルイ18世)やアルトア伯(後のシャルル10世)などもいた。亡命者は、イギリス、イタリア、オランダ、オーストリアなど、ヨーロッパ各国に及んだが、なかでもドイツ西部の諸国に集まり、コブレンツがそのおもな拠点であった。彼らは、フランス内外の反革命勢力の仲介者として策動、革命戦争中には軍を組織して活動したため、革命側は財産没収や永久追放など厳しい処置をとった。長い国外生活に窮する者もあり、家庭教師、ダンスや剣術の教師などで糧(かて)を得る者もいた。革命後期、ナポレオン時代を通じて帰国、それが終わる王政復古期には、反動的な王党派として勢威を一時的に回復した。[山上正太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エミグレの関連キーワード難民亡命者亡命政権レフュジー亡命者/ザ・ジョーカー亡命者はモスクワをめざす別れを告げに来た男偽装亡命者キリルチベット政治的保護

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エミグレの関連情報