エミグレ

大辞林 第三版の解説

エミグレ【émigré】

亡命者。特に、フランス革命時の亡命貴族。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エミグレ
えみぐれ
migrフランス語

一般的には政治上の亡命者を意味するが、歴史上ではフランス革命に反対して亡命した貴族、聖職者などをさす。亡命は、1789年の革命勃発(ぼっぱつ)直後から始まり、その進行につれて亡命者の数は増し、93年ごろ3万を超えたといわれる。彼らのなかには、国王ルイ16世の弟プロバンス伯(後のルイ18世)やアルトア伯(後のシャルル10世)などもいた。亡命者は、イギリス、イタリア、オランダ、オーストリアなど、ヨーロッパ各国に及んだが、なかでもドイツ西部の諸国に集まり、コブレンツがそのおもな拠点であった。彼らは、フランス内外の反革命勢力の仲介者として策動、革命戦争中には軍を組織して活動したため、革命側は財産没収や永久追放など厳しい処置をとった。長い国外生活に窮する者もあり、家庭教師、ダンスや剣術の教師などで糧(かて)を得る者もいた。革命後期、ナポレオン時代を通じて帰国、それが終わる王政復古期には、反動的な王党派として勢威を一時的に回復した。[山上正太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android