コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリグロアジサシ Sterna sumatrana; black-naped tern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリグロアジサシ
Sterna sumatrana; black-naped tern

チドリ目カモメ科。全長約 30cm。成鳥は後頭部とそれに連なる過眼線が黒いほかは,頭部や喉から腹,背,尾羽は白い。尾羽は長く,燕尾型に深く切れ込んでいる。背と上面は淡い灰色。脚は緑褐色。繁殖地は熱帯から亜熱帯の小島で,アフリカ東部からモルジブ諸島にかけてのインド洋西部と,インド洋東部からマレー半島インドネシアオーストラリア北部,オセアニア,さらに中国東部からタイワン(台湾)南西諸島にかけての沿岸から沖合いに分布する。卵は岩礁上や砂地のくぼみに産み落とす。繁殖後は渡りをしないが,営巣地から遠くまで移動するものもいる。魚食で,水中の獲物をめがけて空中から飛び込むか,水面近くにいる獲物を飛びながらくわえとる。日本では南西諸島で少数が繁殖している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エリグロアジサシ
えりぐろあじさし / 襟黒鰺刺
black-naped tern
[学]Sterna sumatrana

鳥綱チドリ目カモメ科の海鳥。全長約36センチメートル。全体に白っぽく、頸(くび)すじに顕著な黒帯がある。西太平洋ならびにインド洋の暖海域に分布する。島や沿岸で集団営巣し、南西諸島で夏に繁殖する。[長谷川博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エリグロアジサシの関連キーワード生活形バルサ火の竜アオギリ(青桐∥梧桐)オイルフェンスザミアスプレケリア雑巾タシロイモトダシバ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android