コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルベ[川] エルベ

百科事典マイペディアの解説

エルベ[川]【エルベ】

ヨーロッパ中部の大河。チェコ西部の山中に発し,北西流してドイツを貫流,クックスハーフェン付近で北海に注ぐ。全長1165km,うちドイツ領内761km,舟航可能947km。
→関連項目エスチュアリードイツラベ[川]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エルベ[川]【Elbe】

ドイツ第2の川。チェコとポーランドとの国境のリーゼン山地に源を発し,ドイツを貫流して北海に注ぐ。チェコではラベLabe川と呼ばれる。全長1165km,流域面積14万4055km2であるが,上流をエルベ川に流入するブルタバ(モルダウ)川とした場合の全長は1290km,流域面積15万8331km2になる。この場合のエルベ川の源流はドイツとチェコとの国境のボヘミア山地である。 ラベ川とブルタバ川はプラハの北で合流し,ボヘミア盆地を北西に流れて峡谷に入る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エルベ[川]の関連キーワードマーチャント・アドベンチャラーズモルダウ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エルベ[川]の関連情報