コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレツ Elets/Елец

デジタル大辞泉の解説

エレツ(Elets/Елец)

ロシア連邦西部、リペツク州の都市。ドン川の支流ソスナ川沿いに位置する。12世紀にリャザン公国の砦が置かれ、13世紀にモンゴル帝国、15世紀にタタール人の攻撃を受けた。その後、モスクワ大公国の下、ボリス=ゴドノフにより要塞が築かれた。交易拠点として栄え、レース編みは名産。19世紀にロシアの建築家コンスタンチン=トンの設計で建造されたネオビザンチン様式の大聖堂がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

エレツの関連キーワードチーホン フレンニコフ大イスラエル主義エフレーモフシオニズムタタール人

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android