エレボス(英語表記)Erebos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エレボス
Erebos

ギリシア神話で地下の暗闇を神格化した存在。ヘシオドス叙事詩神統紀』によれば,天地生成の初めにカオスから夜の女神ニュクスと男女の対偶をなして生じ,ニュクスと交合してアイテルと昼ヘメラを生じさせたとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エレボス
えれぼす
Erebos

ギリシア神話の「暗黒」の神。原初の暗黒または冥界(めいかい)を体現する。カオス(混沌(こんとん))から生まれ、自分の姉妹である夜の神ニクスと交わって、「昼」の神ヘメラと、「輝く上天」の神アイテルをもうけた。ゼウスとティタン神族の戦いのとき、ティタンたちに味方したため、永遠の地獄タルタロスへ落とされた。[小川正広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエレボスの言及

【ギリシア神話】より

…最初は空虚を意味するカオスが,ついでガイア(大地)とその奥底なるタルタロスが,さらにいわばいっさいの生成の根源力としてエロスが生じた。カオス(中性名詞)からは形なきものどものエレボスErebos(闇)とニュクスNyx(夜)とが,そして夜から輝く上天の気アイテルAithērとヘメラHēmera(昼)とが生まれる。他方ガイア(女性名詞)はひとりでウラノス(天,男性名詞)を生む。…

※「エレボス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android