エロヒム(英語表記)Elohim

翻訳|Elohim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エロヒム
Elohim

旧約聖書中にたびたび用いられる神の名。セム族最古の最も広く用いられた神名 El (エル) の複数形。 Elは元来力の意。イスラエル人の神を示すときは複数であっても唯一の神を意味する。この名前はイスラエル人がつくりだしたわけではなく,ほかの中東の国々の類似の語からエルやエロヒムの名を取入れてみずからの神を示すのに用いた。単一神格を複数形で表わすことは古代東方によくみられる例であり,共同体の代表者を示す。また,1つの名前で神なるもののすべての属性をまとめて表わしたようでもある。その場合エロヒムは一切の支配者,創造主である唯一の全能の神を意味する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エロヒム【Elohim】

旧約聖書で〈神〉を表す一般名詞として2250回用いられる。ヘブライ語のエール(神)の複数形で,死霊,護符,神々,形容詞最上級の代用としても用いられるが,大部分はヤハウェの代りに,この〈一(いつ)なる神〉を示すのに使われる。一神格に複数形を用いることについて,文法的には尊厳の複数あるいは拡張の複数として説明される。宗教史的には至高神が〈神々の会議〉をしたがえることを示すとされる。【左近 淑】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android