コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エロヒム エロヒム Elohim

翻訳|Elohim

2件 の用語解説(エロヒムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エロヒム
エロヒム
Elohim

旧約聖書中にたびたび用いられる神の名。セム族最古の最も広く用いられた神名 El (エル) の複数形。 Elは元来力の意。イスラエル人の神を示すときは複数であっても唯一の神を意味する。この名前はイスラエル人がつくりだしたわけではなく,ほかの中東の国々の類似の語からエルやエロヒムの名を取入れてみずからの神を示すのに用いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エロヒム【Elohim】

旧約聖書で〈神〉を表す一般名詞として2250回用いられる。ヘブライ語エール(神)の複数形で,死霊,護符,神々,形容詞最上級の代用としても用いられるが,大部分はヤハウェの代りに,この〈一(いつ)なる神〉を示すのに使われる。一神格に複数形を用いることについて,文法的には尊厳の複数あるいは拡張の複数として説明される。宗教史的には至高神が〈神々の会議〉をしたがえることを示すとされる。【左近 淑】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エロヒムの関連キーワード旧約聖書バイブル旧約贖罪の羊メルキゼデクモレク旧約聖書学《旧約聖書の天文学》サライ(旧約聖書)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone