コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンハーモニック エンハーモニック enharmonic

翻訳|enharmonic

3件 の用語解説(エンハーモニックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンハーモニック
エンハーモニック
enharmonic

音楽用語。 (1) ギリシア音階において,テトラコードに4分音を含むものをいう。 (2) 近代理論では,音名と記譜法は異なるが,12平均律上で同じ音となるような音。たとえば「嬰ヘ」と「変ト」の関係をエンハーモニック (異名同音) と呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エンハーモニック

古代ギリシアの音楽理論の音種の一つで,半音以下の音程,いわゆる4分音を含むもの。現代の慣用では〈異名同音〉と呼ばれるもので,12平均律において,嬰(えい)ハ音と変ニ音のように,音名や記譜法が異なっても実際には同音のものをいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エンハーモニック【enharmonic】

音楽理論用語。〈微分音的〉と〈異名同音的〉の二とおりに訳される。(1)古代ギリシアの音楽理論では,音階を全音階的,半音階的,エンハーモニックの三つに区別し,エンハーモニックはテトラコルド(4音音列)が微小音程(4分音あるいは4分音に近い音程)を含む場合をいう。(2)近代理論においては,純正律における近似的な微小音程,12平均律では,たとえば鍵盤上の〈嬰ロ〉と〈ハ〉,〈嬰ハ〉と〈変ニ〉のように,音名と記譜法が異なっても同一の音の関係をエンハーモニック(異名同音)と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エンハーモニックの関連キーワード半母音微分音異名同音発音的仮名遣い異名同音的音程異名同音的転換異名同音的転義異名同音的転調微分音階《福音的基督教》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone