コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンバ川 エンバがわreka Emba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンバ川
エンバがわ
reka Emba

カザフスタン西部を流れる川。全長 712km。流域面積4万 400km2。ウラル山脈の南に続くムゴジャルイ丘陵の西斜面に発し,南西に流れてカスピ海北東岸に注ぐ。川は水量の少ない季節にはカスピ海に到達せず,カスピ海沿岸低地の湿地帯で消失する。 11月~3月下旬は結氷。上流部沿岸にエンバの町がある。流域にエンバ油田があり,パイプラインなどでアトゥラウ,ロシアのオルスクへ送油される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンバ川
えんばがわ
Эмба Emba 

カザフスタン共和国のムゴジャル山地西斜面に発し、カスピ海沿岸低地に注ぐ川。カスピ海北東約5キロメートルのソロンチャク(塩性沼沢)で消滅する。全長712キロメートル、流域面積約4万0400平方キロメートル。上中流部はステップ(短草草原)地帯、下流部はソロンチャクで、4~5月の増水期以外はほとんど涸(か)れるか、塩分が濃くなる。下流域にエンバ油田がある。[津沢正晴]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android