コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンプロイアビリティ エンプロイアビリティemployability

翻訳|employability

4件 の用語解説(エンプロイアビリティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンプロイアビリティ
エンプロイアビリティ
employability

雇用されうる能力をいう。技術革新産業構造の転換に伴って,変化する労働市場に対応して雇用機会を確保し,かつ雇用を継続できる能力を,個々の労働者が身につけることが重要であるとする考え方

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

人材マネジメント用語集の解説

エンプロイアビリティ

・employee ability
・従業員の雇用される能力。長期雇用を前提とした能力開発ではなく、労働移動(転職)が発生することが当たり前になることを前提に、従業員が現在雇用されている企業の中で継続的に雇用されるような(解雇されない)魅力的な能力を有する、あるいは企業の外でも通用する能力を有するよう能力を保持することを指す。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
人材マネジメント用語集について | 情報

人事労務用語辞典の解説

エンプロイアビリティ

エンプロイアビリティとは、「employability(エンプロイアビリティ)」のことで、日本語では「雇用される能力」と訳され、能力評価、能力開発目標の基準となる実践的な就業能力を指します。
(2007/3/19掲載)

出典|『日本の人事部』
人事労務用語辞典について | 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

エンプロイアビリティ

個人の“雇用され得る能力”のこと。技術環境や産業構造の変化に適応し、速やかに異動や転職ができるための能力ともいえる。 終身雇用制の終焉、産業構造の変化、失業率の増加といった社会情勢の中で、雇用のミスマッチを解消し、流動性を促進するための1つの概念。 労働市場において通用する職業能力を身につけるためには、企業側も教育機会を提供していくべきとされる。

出典|ナビゲート
ナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エンプロイアビリティの関連情報