コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンマコオロギ Teleogryllus emma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンマコオロギ
Teleogryllus emma

直翅目コオロギ科。体長 25~30mmで,日本産コオロギのなかの大型種。草原に最も普通の種の1つ。体は黒褐色で強壮。頭部は丸く,複眼上縁に沿って黄白色の眉状斑があり,口器付近も黄褐色のものが多い。前翅は腹部より短いが,後翅は腹端を越えて長く後方に突出する。雌の産卵管は約 20mm。雄は「ころころりー」と鳴く。北海道中部以南,本州,四国,九州に産する。 (→直翅類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エンマコオロギ

直翅(ちょくし)目コオロギ科の昆虫の1種。体長25mm内外,黒褐色。日本全土の草原や畑に生息する。雄はコロコロリーと鳴く。卵で越冬し,成虫は8〜10月に現れる。
→関連項目コオロギ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エンマコオロギ【emma field cricket】

日本でもっともふつうに見られる代表的なコオロギ(イラスト)。直翅目コオロギ科の昆虫。その顔面が閻魔(えんま)大王に似ているのでこの名があると思われるが,翅が重なるという古語〈重羽(えんば)〉に由来するという説もある。大型で体長は30mm内外。体はつやのある黒褐色で,まるい頭部の複眼上方に沿って褐色の眉状紋(びじようもん)がある。全体にがっしりした体つきで,太い後脚腿節が目だつ。雌は約20mmの槍状の産卵管が腹端から突き出ている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンマコオロギ
えんまこおろぎ / 閻魔蟋蟀
emma field cricket
[学]Teleogryllus emma

昆虫綱直翅(ちょくし)目コオロギ科に属する昆虫。日本にすむコオロギ類中でもっとも普通種。顔面の感じが閻魔(えんま)大王の顔を連想させるところから名がつけられた。日本各地に分布する。体長26~32ミリメートルで、体色は黒褐色でつやがある。頭部は丸く、複眼の上部に茶褐色の眉(び)状紋があり、口器付近もほぼ茶褐色を帯びる。雄の前ばねの背面部にあたる部分が発音器で、左右の前ばねを擦り合わせて音を出す。後肢(こうし)は頑丈な跳躍肢となり、雌雄とも尾端から長めの尾角を出す。雌の産卵管は槍(やり)状で、長さ20ミリメートル内外である。
 1年に1回発生し、成虫は夏から秋にかけて出現し、河原、草原、畑地に多く、草の根際に近い地面に浅いくぼみをつくってそこに潜む。雑食性で野菜も食べるので、しばしば畑地の害虫となる。成長は、昼が短いと成長が早くなる短日型で、卵越冬(らんえっとう)し、8~10回の脱皮後、晩夏から秋にかけて羽化する。雄の発音には四つほどの鳴き分けが知られている。「コロコロコロリリリ」という調子は縄張り(テリトリー)の主張で、これが「コロコロコロリー」と変わると雌を呼ぶ声である。交尾をしている際や、雄どうしのけんかの際には別の声に変わる。
 本州以南の暖地には、タイワンエンマコオロギT. taiwanemma、北海道と本州北部にはエゾエンマコオロギT. yezoemmaが分布する。両種とも体長がほぼ同じぐらいでエンマコオロギによく似ているが、タイワンエンマコオロギは体が茶褐色がかるものが多く、産卵管は体長に比較して短く(エンマコオロギは長い)、1年に2回発生して幼虫越冬する。エゾエンマコオロギは産卵管がエンマコオロギよりやや長く、卵越冬し、エンマコオロギとはしばしば混生する。[山崎柄根]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエンマコオロギの言及

【適応】より

… 環境との結びつきは,同種内の変異にも見られる。エンマコオロギは日本列島では北海道から種子島・屋久島までの広い範囲に分布していて,秋に成虫になって鳴く大型のコオロギである。いろいろな土地のものを同じ温度で飼うと,北のものほど成虫になるのが早く,幼虫期の長さと原産地の緯度との間には反比例的な関係がある。…

※「エンマコオロギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エンマコオロギの関連キーワードコオロギ(蟋蟀)蟋蟀・蛼正木進三蟋蟀

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android