コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーデ Ede

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エーデ
Ede

オランダ中部,ヘルデルラント州の都市。フェリューウェ森林地帯の西端に位置し,紡績工場,金属製品,ピアノの製造工場などがあるほか,酪農研究所があり,酪農製品を産する。北東のホーヘフェリューウェ国立公園にはゴッホの作品の収集で知られる国立美術館,聖フベルツス城があり,訪れる人が多い。人口9万 6044 (1992推計) 。

エーデ
Ede

ナイジェリア南西部の都市。イバダン北東約 75kmに位置。ヨルバ族の最古の町の一つで,1500年頃ベナンにいたるオヨ帝国の隊商路を確保するために建設された。鉄道,道路交通の要地で,カカオパーム油パーム核,綿花キャッサバ,コーラナッツなどの集散地。人口 27万 1000 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エーデ
えーで
Ede

オランダ中部、ヘルデルラント州西部の都市。人口10万2405(2001)。ユトレヒト丘陵とベールウェVeluwe丘陵に挟まれたヘルデルス谷にある。周辺には多角的経営の農場が多いが、広い用地に恵まれ、近代工場の進出が目覚ましい。レーヨンを中心に冶金(やきん)、ピアノ製造などの工業が発達する。北東郊外のホーヘ・ベールウェHoge Veluwe国立自然公園内には、ゴッホの絵の収集で有名なクレラー・ミュラーKrller Mller美術館がある。[長谷川孝治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エーデの関連キーワードポーター(Rodney Robert Porter)ストラ・コッパルベリーズ・ベリースラーグス849 エッセンシャリースイスシリーズミヤマウスユキソウ(深山薄雪草)E.D’E. パトリシオウスユキソウ(薄雪草)スーザン ドゥオーキンデジュー コストラーニクラウス オガーマンDexeeDinerミヤマウスユキソウゲルト デュデックペーター トルンクADコンバーター早池峰山岳博物館ベルヒトールトアルヴィカイトエーデルワイスアラダー ペゲコストラーニ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エーデの関連情報