コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーデ エーデ Ede

3件 の用語解説(エーデの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エーデ
エーデ
Ede

オランダ中部,ヘルデルラント州の都市。フェリューウェ森林地帯の西端に位置し,紡績工場,金属製品,ピアノの製造工場などがあるほか,酪農研究所があり,酪農製品を産する。北東のホーヘフェリューウェ国立公園にはゴッホの作品の収集で知られる国立美術館,聖フベルツス城があり,訪れる人が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

エーデ
エーデ
Ede

ナイジェリア南西部の都市。イバダン北東約 75kmに位置。ヨルバ族の最古の町の一つで,1500年頃ベナンにいたるオヨ帝国の隊商路を確保するために建設された。鉄道,道路交通の要地で,カカオパーム油パーム核,綿花,キャッサバ,コーラナッツなどの集散地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エーデ
えーで
Ede

オランダ中部、ヘルデルラント州西部の都市。人口10万2405(2001)。ユトレヒト丘陵とベールウェVeluwe丘陵に挟まれたヘルデルス谷にある。周辺には多角的経営の農場が多いが、広い用地に恵まれ、近代工場の進出が目覚ましいレーヨンを中心に冶金(やきん)、ピアノ製造などの工業が発達する。北東郊外のホーヘ・ベールウェHoge Veluwe国立自然公園内には、ゴッホの絵の収集で有名なクレラー・ミュラーKrller Mller美術館がある。[長谷川孝治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エーデの関連キーワードデルフトナイメーヘンネーデルラント戦争フリシンゲンブラバントアーペルドールンドム教会ドム広場ナールデンヘットロー宮殿

エーデの関連情報