エーリック6世(読み)エーリックろくせい(英語表記)Erik VI Menved

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エーリック6世
エーリックろくせい
Erik VI Menved

[生]1274
[没]1319.11.13.
デンマーク王 (在位 1286~1319) 。 1286年父エーリック5世の暗殺後即位し,父の暗殺者と目される大貴族らの法益を剥奪したので,彼らはノルウェー王,シュレースウィヒ公,J.グラント大司教に支援されてデンマーク海岸に侵攻した。エーリックは,公を破り,王と和したが,大司教との争いは続け,大司教を投獄したので教皇から処罰された。 1303年教皇と和解したため神聖ローマ帝国北辺の征服が可能となり,皇帝アルベルト1世は,エルベ川以北をデンマークに割譲した。晩年はドイツ人臣下が離反し,ノルウェー,スウェーデンと事を構え,教会や貴族の反抗が強まり,戦費増大で財政が破産,王国の大部分が抵当に入れられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android