コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーリック6世 エーリックろくせいErik VI Menved

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エーリック6世
エーリックろくせい
Erik VI Menved

[生]1274
[没]1319.11.13.
デンマーク王 (在位 1286~1319) 。 1286年父エーリック5世の暗殺後即位し,父の暗殺者と目される大貴族らの法益を剥奪したので,彼らはノルウェー王,シュレースウィヒ公,J.グラント大司教に支援されてデンマーク海岸に侵攻した。エーリックは,公を破り,王と和したが,大司教との争いは続け,大司教を投獄したので教皇から処罰された。 1303年教皇と和解したため神聖ローマ帝国北辺の征服が可能となり,皇帝アルベルト1世は,エルベ川以北をデンマークに割譲した。晩年はドイツ人臣下が離反し,ノルウェー,スウェーデンと事を構え,教会や貴族の反抗が強まり,戦費増大で財政が破産,王国の大部分が抵当に入れられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エーリック6世の関連キーワード元応ホーコン5世早歌花山院師信久我通雄宗助国宗助国宗助国エドワード(1世)元寇

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android