エドワード(1世)(読み)えどわーど(英語表記)Edward Ⅰ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エドワード(1世)
えどわーど
Edward Ⅰ
(1239―1307)

プランタジネット朝のイギリス王(在位1272~1307)。ヘンリー3世の長男。皇太子時代ガスコーニュとアイルランドを経営。シモン・ド・モンフォールの乱に初め反対していたが、のちそれを支持した。しかし、シモンらの寡頭制を批判するに至り、1265年、父ヘンリー3世を助けてシモンをイーブシャムに破り、父王にかわって1267年マールバラ法を出して内乱を収拾した。1270年十字軍遠征に出て、父王の死(1272)後1274年に帰国。1274~75年の調査をもとに一連の制定法を出して「イギリスのユスティニアヌス」の異名をとり、封建王政を発展させた。議会制を尊重し1295年には模範議会を招集したが、晩年は独裁化した。外交面では、1284年ウェールズ法を出し、1301年皇太子をプリンス・オブ・ウェールズとする風を始め、大陸でもシチリア問題の調停に活躍したが、スコットランドで擁立したベイリアル王に背かれ、ロバート・ブルース王の抵抗に苦しんだ。

[富沢霊岸]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版の解説

エドワード(1世)
Edward Ⅰ

1239〜1307
イギリスの国王(在位1272〜1307)
ヘンリ3世の子。皇太子のときシモン=モンフォール(1258〜65)を平定し,1270年の第7回十字軍から帰国して即位封建制維持産業の保護,法律制度の完成につとめた。1295年に召集した模範議会身分制議会であったが,当時のイギリス社会をほぼ完全に代表し,その後の議会構成の典型となったため,こう呼ばれた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android