コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーワル エーワル Ewald, Johannes

2件 の用語解説(エーワルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エーワル
エーワル
Ewald, Johannes

[生]1743.11.18. コペンハーゲン
[没]1781.3.17. コペンハーゲン
デンマークの詩人。牧師の子として生れたが,早く父を失って苦しい生涯をたどった。大学の神学科に入ったが,不幸な恋に悩んで外国の軍隊に志願,七年戦争に従軍して不治の病を得て帰国,ある協会の懸賞に応じて書いた『幸福の宮』 Lykkens Tempel (1764) が当選し,詩人として立った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エーワル
えーわる
Johannes Ewald
(1743―1781)

デンマークの詩人。牧師の子として大学で神学を学んだが、不幸な恋をして学業を捨て、プロシア軍などに志願して放浪。不治の病を得て帰国したとき、ある協会が募集した懸賞に応じて詩劇『幸福の宮』(1764)を投じ、これが当選して詩人としてたつに至った。『アダムとエバ』(1769)、『バルドルの死』(1773)などで名声いよいよあがり、王から年金をもらうようになったが、病はさらに悪化、それを酒にまぎらせて大作の詩劇『漁夫』(1779)をようやく完成したが、最後はペンも持てぬようになって死んだ。デンマーク国歌『クリスチャン王はマストの傍らに立つ』はこの作中に挟まれた詩。デンマークのプーシキンともいうべき詩人で、いまも国民にもっとも愛されている。[山室 静]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エーワルの関連キーワードコペンハーゲンコペンハーゲン学派コペンハーゲン動物園コペンハーゲンブルーコペンコンチェルト・コペンハーゲンコペンハーゲン 首相の決断コペンハーゲンカーニバルコペンハーゲン言語学集団コペンハーゲン大学天文台

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone