コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオイヌタデ

2件 の用語解説(オオイヌタデの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オオイヌタデ

イヌタデ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオイヌタデ
おおいぬたで / 大犬蓼
[学]Polygonum lapathifolium L.

タデ科の一年草。高さ1メートルにもなる大形種。茎は直立して太く、粗大に分枝し、帯紅色で節は隆起し、茎面に暗紫色の細点があり無毛。葉は互生し、披針(ひしん)形で先は鋭くとがり、長さ9~20センチメートル。多数の顕著な支脈があり、脈と縁(へり)に短い剛毛がある。葉鞘(ようしょう)には隆起する脈があり、膜質で無毛。夏から秋に、分枝の先に円柱形で先がやや下垂する花穂をつけ、多数の花を密生する。花は長さ2.5ミリメートル、帯緑白色または帯紅色、花被(かひ)は4枚、脈が明らかである。雄しべは6本、子房は細小でやや球形、2本の花柱がある。痩果(そうか)は宿存する花被に包まれ、長さ約2ミリメートルの平たい円形、黒褐色で光沢がある。北半球の温帯から暖帯に広く分布し、日本では田畑や水辺に普通にみられる雑草である。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオオイヌタデの言及

【イヌタデ】より

…新石器時代には堅果を食用にした。オオイヌタデP.lapathifolium L.ssp.nodosum Kitam.(イラスト)とサナエタデP.lapathifolium L.(イラスト)は中間型もあり,種内変異は十分には整理されていない。前者は直立し,高さ50~150cm,葉鞘は無毛で赤い脈がある。…

※「オオイヌタデ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オオイヌタデの関連情報