コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗大 ソダイ

デジタル大辞泉の解説

そ‐だい【粗大】

[名・形動]
あらっぽくて大まかなこと。また、そのさま。おおざっぱ。
「綿密に奇麗になったり、―に奔放になる君の手跡」〈有島・宣言〉
あらくて大きいこと。また、そのさま。
「手足は―である」〈鴎外魚玄機

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そだい【粗大】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
あらくて大まかなこと。大ざっぱなこと。また、そのさま。 「 -なやりくち」
あらくて大きいこと。また、むやみに大きいさま。 「時流なみ外れに-なる布衣を着て/滝口入道 樗牛

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

粗大の関連キーワードアウトウォッシュプレーンオミナエシ(女郎花)オオカミウオ(狼魚)焼きなまし/焼鈍し焼きならし/焼準しミズナラ(水楢)方向性ケイ素鋼板家電リサイクル法ゴミ収集有料化ヒメイワカガミ藪苧麻・薮苧麻ヒエ(稗∥穇)エビネ(蝦根)オオボタンヤシ自己焼鈍効果ホソカミキリオオゾウムシ強羅[温泉]有機質肥料樹園地土壌

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粗大の関連情報