コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオノガイ オオノガイMya arenaria oonogai; soft clam; soft shelled clam

3件 の用語解説(オオノガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオノガイ
オオノガイ
Mya arenaria oonogai; soft clam; soft shelled clam

軟体動物門二枚貝綱オオノガイ科。別名オオムラガイ,天橋立地方では文珠の白貝とも呼ばれる。殻長 10cm,殻径 5.7cm,殻幅 3.7cm。殻は卵形で前端が丸く,後方へ狭くなり,両殻の間は狭く開く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

オオノガイ

オオノガイ科の二枚貝。長卵形で,高さ5.5cm,長さ10cm,幅3.5cm。殻は灰白色で薄質,その上を淡黄白色の殻皮がおおう。右殻は左殻より少し大きく,両殻の後端はすきまがあく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオノガイ
おおのがい / 大野貝
soft clamsoft shell clam
[学]Mya arenaria oonogai

軟体動物門二枚貝綱エゾオオノガイ科の二枚貝。別名オオムラガイ(大村貝)、モンジュノシラガイ(文珠の白貝)など。日本全国の内湾の、淡水の影響のある泥底干潟にすみ、底質中に深く潜入している。このため、水管はきわめて長いのが特徴。殻は卵楕円(だえん)形で灰白色。殻長100ミリメートル、殻高60ミリメートルに達し、前縁は丸く後縁はいくぶん細まり、前後端がきっちりあわず、すこし開いている。殻皮はほとんどはがれているが腹縁で残っていて、水管の上にも連続している。内面は白色で、左殻頂下からスプーン形の大きい弾帯受けが突き出て右殻頂の下に入り、それにのったようになった弾帯で両殻は結ばれている。外套(がいとう)湾入は深い。軟体も白色で、出入水管は合して太く長い。産卵期は4~10月で、1年で殻長40~50ミリメートル、3年で80ミリメートルぐらいになる。採取は冬に行われ、泥を深く掘り下げてとり、おもに水管を食用にする。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone