オオマシコ(英語表記)Carpodacus roseus; Pallas's rosefinch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオマシコ
Carpodacus roseus; Pallas's rosefinch

スズメ目アトリ科。ベニマシコに似ているが,やや大きく,全長 18cm。雄は背と胸腹部が桃色で,背面には黒褐色の縦斑がある。額と喉は銀白色。雌は全体に褐色で地味な羽色をしており,背,胸腹部に黒褐色の縦斑がある。ロシア中部エニセイ川以東のユーラシア大陸の中緯度地域一帯とサハリン島に繁殖分布し,冬季は中国東部や朝鮮半島など,やや南方に渡って越冬する。日本には冬鳥(→渡り鳥)として少数が渡来し,北海道本州の中部以北の平地から山地の林や林縁などに見られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android