コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオヤマネ Glis glis; edible dormouse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオヤマネ
Glis glis; edible dormouse

齧歯目ヤマネ科。ヤマネ類のなかでは最大で,体長 13~19cm。体毛はなめらかで短く,体上面の色は灰白色から灰褐色である。尾は総状。前後肢とも足の裏にはざらざらした蹠球 (しょきゅう) があり,木に登るときの滑り止めの働きをする。普通木の上,藪の中で生活し,動作は敏捷。巣は植物の繊維やコケなどを集めてつくられる。フランス,スペインイラン中央アジアなどに分布し,落葉樹林,樹洞のある大木が生える果樹園,公園などにすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオヤマネ
おおやまね / 大冬眠鼠
fat dormouse
[学]Glis glis

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目ヤマネ科の動物。同科の最大種で、広くヨーロッパのほとんどの地域および小アジアの森林にすむ。体長13~19センチメートル、尾長11~15センチメートル、体重80~120グラム。樹上生で、木登りや、枝から枝へのジャンプがうまく、最長1メートルもジャンプする。日中は樹洞につくった巣に眠り、夜間に活動して、どんぐりその他の果実を食べる。秋に十分脂肪を体に蓄えると、樹洞の中や、ときには地中に掘った穴で冬眠に入り、5月ごろまで眠る。1産3~10子。[今泉吉晴]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオオヤマネの言及

【ヤマネ(山鼠)】より

…国の天然記念物に指定されている。 近縁種にはヨーロッパにヨーロッパヤマネMuscardinus avellanarius,オオヤマネGlis glis,アフリカにアフリカヤマネGraphiurus murinusなどが分布するが,日本の近辺には分布しない。古代ローマでは冬眠前の肥大したオオヤマネを美味な食物として珍重した。…

※「オオヤマネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

オオヤマネの関連キーワードベラベジュスカヤ・プッシャ国立公園ペトリファイドフォレスト国立公園ウッドユーラシアオオヤマネコビャウォヴィエジャの森ビャウォビエジャの森スペインオオヤマネコドニャーナ国立公園イリオモテヤマネコカナダオオヤマネコヤマネコ(山猫)アムネマチン山脈西コーカサス山脈デナリ国立公園レビストロースボブキャットヒーウマー島オオヤマネコ骨角製装飾品ギーラーン州

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android