コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオヤマネ オオヤマネ Glis glis; edible dormouse

2件 の用語解説(オオヤマネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオヤマネ
オオヤマネ
Glis glis; edible dormouse

齧歯目ヤマネ科。ヤマネ類のなかでは最大で,体長 13~19cm。体毛はなめらかで短く,体上面の色は灰白色から灰褐色である。尾は総状。前後肢とも足の裏にはざらざらした蹠球 (しょきゅう) があり,木に登るときの滑り止めの働きをする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオヤマネ
おおやまね / 大冬眠鼠
fat dormouse
[学]Glis glis

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目ヤマネ科の動物。同科の最大種で、広くヨーロッパのほとんどの地域および小アジアの森林にすむ。体長13~19センチメートル、尾長11~15センチメートル、体重80~120グラム。樹上生で、木登りや、枝から枝へのジャンプがうまく、最長1メートルもジャンプする。日中は樹洞につくった巣に眠り、夜間に活動して、どんぐりその他の果実を食べる。秋に十分脂肪を体に蓄えると、樹洞の中や、ときには地中に掘った穴で冬眠に入り、5月ごろまで眠る。1産3~10子。[今泉吉晴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオオヤマネの言及

【ヤマネ(山鼠)】より

…国の天然記念物に指定されている。 近縁種にはヨーロッパにヨーロッパヤマネMuscardinus avellanarius,オオヤマネGlis glis,アフリカにアフリカヤマネGraphiurus murinusなどが分布するが,日本の近辺には分布しない。古代ローマでは冬眠前の肥大したオオヤマネを美味な食物として珍重した。…

※「オオヤマネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オオヤマネの関連キーワード山鼠山猫山猫座対馬やまねこ空港対馬 やまねこマネー、マネー、マネーくまとやまねこヤマネコのきょうだい山根フクロヤマネ(袋山鼠)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オオヤマネの関連情報